LIVEフォーチュン > 恋愛、結婚 > 【大人の別れ方】いい女は別れ方もスマート!前に進むためきれいに恋愛を終わらせる方法を

【大人の別れ方】いい女は別れ方もスマート!前に進むためきれいに恋愛を終わらせる方法を

2024.05.09

一度は好きだった人と離れるのは誰しも辛いものです。しかし、後腐れなくきれいに別れるのがまさに大人の恋愛ですよね。関係を最後にどう締めくくるかは、度量を試される経験とも言えます。

前を向いて進むために恋愛を円満に終わらせる別れ方や大人の別れ方がもたらすポジティブな効果について紹介します。

 

目次

1. 別れ方で恋愛の価値が決まる!スマートな大人の別れ方とは

 

 

別れることになったとはいえ、一度は信頼し合った相手に対して最後まで真摯に向き合うのが大人の取るべき態度ですね。具体的にどのような別れ方がスマートなのかを紹介します。

 

1-1.相手を傷つける発言をしない

 

恋愛が終わる時は、別れを告げる側も告げられる側も程度の差こそあれ悩み、傷つきます。その傷をさらに深くするような発言はしないのが大人としてのマナーです。相手への思いやりを持って別れを告げるようにしましょう。

 

1-2. 別れたい理由ははっきり伝える

 

別れの理由を伝える時は曖昧な表現は避けます。聞いた瞬間は否定されたとしても、誠意をもって伝えるとむしろ相手に納得してもらいやすいです。相手の気持ちに配慮しながら、恋人関係が終わったことを相手が受け入れられるようはっきり伝えるといいでしょう。

 

1-3. 思わせぶりな態度を取らない

 

最後の最後で「まだ好きだけど仕方ないよね」などと言うのはNGです。まだチャンスがあるのではないかと相手に期待を持たせて揉める原因になります。毅然とした態度で別れを告げ、気持ちの切り替えにつなげましょう。

 

1-4. これまでの感謝を素直に伝える

 

「今まで楽しかったよ、ありがとう」と最後に伝えられると、相手も思わず「こちらこそありがとう」と言いたくなるもの。感謝の気持ちで恋愛を締めくくれば、お互いに前向きに次のステップに進みやすくなります。

 

1-5. だらだらと話を長引かせない

 

別れを切り出したものの、これが最後だと思うと別れがたくなってついだらだらと話し続けてしまうというパターンは少なくありません。しかしこうした態度は相手に期待を持たせるだけ。必要なことだけ伝えて短時間で切り上げるようにしましょう。

 

1-6. 連絡先を潔く消す

 

相手の携帯電話番号やLINEアカウントを残したままにしておくと、ふとした時に連絡を取りたくなり、中途半端な関係になってしまう可能性があります。関係をきっちり清算するためにも、相手の連絡先はすべて消すこと。踏ん切りがついて前向きになれますよ。

 

1-7. 人として嫌いになった訳ではないと伝える

 

別れる理由がどんな内容であっても、相手の人格を否定するのはよくありません。相手の性格や考え方は尊重した上で恋人としてはうまくいかなかったことを伝えるにとどめ、人として嫌いになったのではないことを説明しておくと相手を不必要に傷つけずにすみます。

 

1-8. 別れを切り出されたらすんなり受け入れる

 

別れを取り消してほしい、もう一度やり直したいとあなたが思っていても、既に決まっている相手の気持ちを変えるのは難しいです。悲しいことですが「分かった」と素直に受け入れて円満に終わらせる方が、かえってあなたの誠実さを相手に印象づけられるでしょう。

 

1-9. よそよそしく接さない

 

お互い嫌いで別れるのでなければ、恋人としての関係は終わっても友人として付き合っていくことは可能です。急に冷たい態度になってよそよそしく接するのではなく、何かあった時には相談に乗るなど違う形での信頼関係を築くのがスマートです。

 

1-10. 相手を責めすぎない

 

別れの原因が片方だけにあるということはまずありません。たとえ相手の心変わりが別れるきっかけになったとしても、そんな心境になった原因があなたにあるかもしれないので相手を責めすぎないことです。「私にも悪いところがあったかも」と自分の言動を冷静に振り返ってみましょう。

 

1-11. 理由を追及しすぎない

 

別れたいと言われて「なぜ別れたいの?」と問い詰める行為は、ネガティブな印象を残すことになります。何とか説得したいと思ったとしても、別れを切り出す時点で相手の気持ちは固まっているのです。追及しすぎず受け入れるのが大人の対応です。

 

1-12. あえて悪者になって嫌われる

 

相手の性格によっては別れを受け入れてもらえないケースがあります。その場合はあえて嫌われる覚悟も必要です。中途半端に優しくしたり相手を無視したりせず、嫌われてでも相手からの不満を受け止める潔さを見せると、かえって円満に別れられる可能性が高くなるでしょう。

 

2. 大人の別れ方がもたらすポジティブな効果

 

相手を思いやりながらも毅然とした態度で迎えた別れは、その後の人生にどのような影響をもたらすのでしょうか。スマートに別れることで生まれるポジティブな効果を4つ紹介します。

 

2-1. 未練なく次の恋愛に踏み切れる

 

別れる瞬間や別れた直後は悲しく辛いですが、関係がはっきり終わったと認識できているので吹っ切れるのも早いです。別れから学んだことを踏まえて、未練を引きずることなく次の恋愛へと進んでいけます。

 

2-2. 恨みや苦しみの感情をためずにすむ

 

自然消滅や音信不通で恋愛が終わると、理由が分からずいつまでも苦しむことになります。しかし別れたとはっきり理解していれば、時間の経過とともに苦しさは消えていきます。別れを自然に受け入れ、過去の経験のひとつだと客観的に考えられるようになるのです。

 

2-3. 元恋人と円満な関係を続けられる

 

お互い冷静に別れを受け入れていると、その後も良好な関係を続けやすいです。相手の性格や癖などを知っているだけに気を使うこともありません。異性の友人としてよき相談相手になれる可能性もあるでしょう。

 

2-4. 相手の気持ちを思いやる余裕が持てる

 

別れる時にきちんと話し合いができていると、相手の気持ちを知って「そうだったんだ」と気付かされることがあったはず。次の恋愛では相手を思いやる余裕を持ちながら関係を深めていけるでしょう。

 

3. 大揉め必至!男性が引きずるやってはいけない別れ方


 

後々まで尾を引く別れ方をすると、その後苦い思い出として心に残りトラウマになってしまいます。相手をひどく傷つけてしまうやってはいけない別れ方を紹介します。

 

3-1. 一方的に自分の気持ちだけを伝える

 

相手の立場や心情を一切考えず、別れたいという自分の気持ちだけを伝えて離れるのは思いやりがなさすぎます。あなたと同じように相手も自分の気持ちを伝える機会がないと、一方的すぎると反発されて揉める原因になります。

 

3-2. 別れの原因が相手にあると責める

 

別れることになってショックを受けたあまりに、別れの原因が相手にすべてあると責めるのはやめましょう。言い合いになるなど状況が悪化し、二度と顔も見たくないと思われて最悪な印象のまま終わってしまいます。

 

3-3. 別れ際に次の相手がいることを匂わす

 

ただ別れたいというだけでは話が進まなさそうと考えて、次の相手がすでにいるように匂わせるのはNGです。相手は自分の存在を否定されたような気持ちになり「納得できない」と別れを拒否する可能性があります。

 

3-4. 相手から別れようと言わせるように仕向ける

 

別れたいけれど自分からは言いたくない場合、相手に別れを切り出させようとする態度は相手から見るとずるい行為に見えます。悪者になりたくないという意図が透けて見えるのでかえって執着されてしまうかもしれません。

 

3-5. 誕生日など特別な日に別れを切り出す

 

誕生日やクリスマスなどカップルにとって特別な日に別れを切り出すと、相手にとってその日がトラウマになってしまうかも。今までの思い出までがくすんでしまうだけでなく、相手をひどく傷つけてしまう可能性があります。

 

3-6. 自然消滅を図る

 

自然消滅を狙って連絡を絶つ行為は、相手を不安にさせる上に区切りがつけにくく未練を持たせる原因になります。自分から別れを告げるのは気が進まないかもしれません、言い出す側の責任としてきちんと言葉に出して伝えることが大切です。

 

3-7. LINEや電話で終わりにする

 

顔が見えないLINEや電話は直接会うよりも別れを切り出しやすいですが、本音が伝わりにくいです。話し合いを避けたい心理が相手に伝わり、納得してもらえなかったりずっと執着されたりする可能性があります。

 

3-8. 別れの理由をはっきりと言わない

 

相手をできるだけ傷つけないという意図で別れの理由をはっきり言わずに別れようとすると、かえって相手に未練を抱かせます。なぜ別れたいのかが理解できない相手から復縁を迫られることも。さらに放置しているとストーカー化につながるかもしれません。

 

3-9 .一方的に伝えてブロックする

 

「別れましょう」と伝えた後、相手の言い分を一切聞かずに即LINEをブロックするという行為は相手に大きなショックを与えます。あまりに一方的すぎるため、相手の性格によってはしつこくつきまとわれることになるかもしれません。

 

3-10. 別れを告げる時に秘密にしていたことをバラす

 

自分から別れを切り出すことへの罪悪感から、胸にしまっていた秘密を暴露するのは悪手です。懺悔しているつもりかもしれませんがただの自己満足にすぎず、相手はただモヤモヤするだけ。かえって恨みを買いかねません。

 

3-11. 復縁を匂わせる言葉を使う

 

なるべく穏便に別れようとして復縁を匂わせると、相手は期待してあなたを待ち続ける可能性が高いです。復縁はないと知った時、期待していた分落胆も大きくなり憎まれてしまうかもしれません。

 

4. 大人の別れ方をしたあともう一度やり直すには?

 

円満な別れは復縁の可能性を残しています。別れた後もう一度やり直すチャンスを呼び寄せるポイントを4つ紹介します。

 

4-1. 冷却期間を作る

 

一般的に、男性は別れた直後は解放感にあふれていますが、徐々に寂しさを感じて元カノの動向を気にしはじめます。復縁をめざすなら、男性のこうした心理変化を把握して3~6ヶ月ほど冷却期間をつくりましょう。相手の方から連絡がくるかもしれませんよ。

 

4-2. 友人からやり直す

 

恋人としての関係を復活させるのが難しそうなら、友人として関係を続けていく方法が有効です。復縁したいという気持ちを悟られないよう「元気?」などと軽めのLINEを送って様子を見るのもいいでしょう。

 

 4-3.彼が見ているSNSにはポジティブな書き込みをする

 

あなたのX(Twitter)やInstagramなどのSNSを相手が見ているなら、ネガティブな投稿は控え、充実した毎日を過ごしていることが伝わる投稿がおすすめです。自分がいなくても楽しそうにしているのを知ると、かえって気になり連絡をしてくる可能性は高いですよ。

 

4-4. 自分の欠点を直す

 

別れてフリーになると自分磨きに精を出しがちですが、それよりも欠点を改善する方が復縁につながりやすいです。別れの原因になったことや交際中に相手から注意されたことを直してあなたの言動が変化すれば、再会した時に相手に与える印象はかなりよくなるでしょう。

 

5. これが賢い女の別れ方!別れを告げるLINEの例文キーワード


 

さまざまな事情で会うのが難しく、LINEで別れを告げる方法を選択せざるを得ない人もいるでしょう。LINEでスマートに別れるために送るメッセージの例文と、意識しておきたいキーワードをまとめましたので参考にしてみてください。

 

5-1. キーワード1「今までありがとう」

 

相手に対する感謝の一言は欠かせません。簡潔に気持ちを表現しましょう。

 

「別れたいという気持ちは変わりません。けれどあなたと一緒に過ごした〇年間は私の宝物です。今まで本当にありがとう」

 

5-2. キーワード2「甘えてばかりいてごめんね」

 

交際中に相手に依存していたことが多かったなら、悪かった点を自覚して反省している気持ちを伝えると別れを受け入れてもらいやすいです。

 

「仕事が忙しい時でも私の都合に合わせてくれる優しさについわがままを言ってしまっていました。面倒だと思ったこともあったと思います。いつも甘えてばかりいてごめんなさい」

 

5-3. 「出会えてよかった」

 

別れを決意したとはいえ、縁あって恋人として過ごした喜びは素直に伝えましょう。お互いに次の一歩を踏み出すためのポジティブな雰囲気をつくれます。

 

「恋人としてはうまくいかないことも多かったけど、私にとってとても大切な存在でした。あなたに出会えて本当によかったと感じているよ」

 

5-4. 「元気で頑張ってね」

 

別れて離れ離れになるものの、前向きに過ごしていて欲しいのが本音ですよね。相手をそっと後押しする一言があると、あなたの気遣いが伝わるでしょう。

 

「これから別々の道を歩むことになるけど、夢が叶うよう心から応援しています。体にはくれぐれも気を付けて元気で頑張ってね」

 

6. まとめ

 

恋愛をきれいに終わらせることは、交際をいい思い出に昇華させ、別れた後も前向きに過ごせるといったメリットがあります。新しい恋を始めやすくなるだけでなく、相手ともう一度やり直すという機会に恵まれるかもしれません。

 

この記事を参考に、大人ならではのスマートな別れ方のポイントを押さえて実践してみてくださいね。

 

 

 

新規登録限定

初回無料キャンペーン実施中!
悩みをLIVEフォーチュンで占ってもらおう

LIVEフォーチュンは、好きな場所・好きな時間に、全国の有名な占い師のところへ鑑定にきたかのような占いが体験できるオンライン専門占いサイトです。

「どうにもできない現状を今どうにかしたい!」
「未来の出来事や気持ちが知りたい」

など、あなたの今気になっていることや悩みを占いで解決してみませんか?