LIVEフォーチュン > 恋愛、結婚 > 復縁に必要な冷却期間はどのくらい?可能性が上がる過ごし方と期間の目安

復縁に必要な冷却期間はどのくらい?可能性が上がる過ごし方と期間の目安

2023.04.14

「振られたけど、今すぐに復縁したい…」
「嫌いになったわけじゃないけど、復縁するには冷却期間って作るべきなんでしょ?」

など冷却期間をとったほうがいいと聞くけれど、何かと不安がよぎることも。

しかし、復縁するにはしっかりと冷却期間を取ることが必要です。
そこで、今回は復縁に必要な冷却期間の長さや復縁の可能性が上がる冷却期間の過ごし方についてご紹介します!

あわせて冷却期間中の男性心理、女性心理についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

1. 冷却期間とは?

別れ話をする男女

 

冷却期間とは、恋人同士が互いに冷静になり、復縁に向けて前向きに行動するための準備期間のこと。
別れを客観的視点から捉えて、冷静に対処するために欠かせない時間です。

冷却期間は、

  • 別れた状況
  • 別れた原因
  • どっちが振ったか

 

などによって期間の長さが変わってきます。
どんなに修復不可能と思われる状態でも、冷却期間の活用次第では復縁も可能です。

冷却期間中をうまく乗り切るためにも、上手な過ごし方や相手の心理を理解し、連絡するタイミングを見定めることが必要になってきます。

 

2. 復縁に必要な冷却期間は?

彼氏と別れ話をして泣く女性

先ほども説明したように、冷却期間は別れを客観的視点から捉えて、冷静に対処するための大切な時間です。

復縁に必要な冷却期間の目安は、

  1. 自分から振った場合(冷却期間なし)
  2. ケンカ別れの場合(1〜2週間)
  3. 価値観の違いから別れた場合(最低でも3ヶ月)
  4. 気持ちが重くて別れた(3ヶ月)
  5. 相手から振られてしまった場合(3〜6ヶ月)
  6. 浮気をした場合(6ヶ月〜1年)
  7. 元カレに好きな人ができた場合(6ヶ月〜1年)

状況や立場によって期間はさまざまといえます。

 

2-1. 自分から振った場合(冷却期間なし)

冷却期間といっても、必ずしも作る必要はありません。

自分から振った場合は、相手にはあなたを好きな気持ちが残っていますから復縁しやすいです。

逆に冷却期間を作ってしまったときのデメリットは、

  • 相手に気になる人ができる
  • 復縁への意欲がなくなる

といった感じです。

ただし、自分が振った相手に未練がなさそうなら2週間〜1ヶ月ほど冷却期間を作ってみてください。

 

2-2. ケンカ別れの場合(12週間)

「ケンカ別れの場合、復縁なんてできるの?」
そう心配する人もいるかもしれません。
しかし、1~2週間の冷却期間を作ることで復縁できることもあります。

ケンカ別れの場合、感情の高ぶりから別れるという判断を下しただけで、気持ちがなくなったわけではないからです。
ただし、「今までケンカしたことがない」「ケンカは3年に1回ほど」というカップルは1か月の冷却期間を作ってみて下さい。

 

2-3. 価値観の違いから別れた場合(最低でも3か月)

他人同士が付き合っているのですから、価値観の違いはつきもの。
価値観の違いをお互い理解し合わなければ、付き合っていくことはできませんよね。

価値観の違いが原因で別れたなら、最低3か月最長6か月の冷却期間が必要。
数か月の間、相手の価値観を受け止める考えを身に付けます。

価値観とは育ってきた環境によって大きく変わるといわれるので、受け止めるには心の体力も必要です。
ただし、相手の価値観を受け止めるという大変な作業を乗り越えたら、復縁できる未来が待っていますよ。

 

2-4. 気持ちが重くて別れた(3か月)

「付き合っているうちに、気持ちが重くなって別れた」
ということは辛いですが現状多くのカップルが体験していること。

  • 1か月のスケジュールを確認される
  • 毎日「今日仕事何時に終わる?」と聞かれる
  • 友達との飲み会に異性がいないか確認される

このようなことも気持ちが重くて別れたカップルのあるあるといえるでしょう。

しかし、冷却期間を3か月ほど取ることで、ネガティブな気持ちは寂しさに変わっていきます。
「連絡来なくて寂しいな…」
冷却期間が互いの存在の大きさに気付かせてくれる感じです。

 

2-5. 相手から振られてしまった場合(3~6か月)

失恋して復縁したい人

 

相手に振られてしまうと、早く復縁しなきゃという気持ちが動きますが、ここはひとつ冷静になりましょう。

3~6か月の冷却期間を作るのは、あなたに対する悪い記憶やイメージを払拭するためです。
振られた理由がわかっている人は、原因改善するためにも3~6か月の冷却期間が必要。

復縁するために自分の悪い部分を改善できる人は、今後もずっと相手にとって貴重な存在になるはずです。

 

2-6. 浮気をした場合(6か月~1年)

「浮気をした場合って、復縁できるのかな?」

そう思っている人もいるでしょう。
しかし、浮気もまた冷却期間をうまく利用することで、復縁できる可能性も。

「相手が浮気をした場合」と「自分が浮気をした場合」それぞれについてみていきましょう。

 

2-6-1. 相手が浮気した場合

相手が浮気して絶望的な気持ちになっている人も安心してください。
冷却期間を6か月~1年とることで、気持ちの整理ができ、自分自身の冷静さを取り戻せるようになります。

 冷却期間中にあなたがやることは、「相手は本当に自分にふさわしいのか」「本当に復縁する価値のある人なのか」を考えること。

自分の気持ちが決まれば、復縁に向けて行動すればいいですし、復縁しなくても良いと思えば新しい恋に走り出すだけです。

 

2-6-2. 自分が浮気した場合

自分が浮気した場合は6ヶ月〜1年の冷却期間を取りましょう。
自分が浮気をした場合、信頼関係を取り戻すまでは復縁が難しいからです。

6か月〜1年の間の冷却期間中にあなたが相手にやることは、

  • まずは謝る
  • 復縁をしつこく迫らない
  • 反省を行動で伝えていく

です。

浮気は良くないこと。

してしまったことを反省し、行動に繋げることで相手の気持ちを動かすことも可能です。

 

2-7. 元カレ(元カノ)に好きな人ができた場合(6か月~1年)

元カレ(元カノ)に好きな人ができると絶望的になりますよね。

しかし、復縁の冷却期間を6か月~1年作ることであなたの魅力に気付いてもらうことができます。
冷却期間中にあなたへの興味を回復できるからです。

方法としては、

  • 元カレの好きなタイプを研究する
  • 自分磨きをする

などがあります。

あなたへの興味を回復させる努力は時間もお金もかかるでしょう。

しかし、復縁できるなら価値のある時間とお金の使い方なのではないでしょうか。

 

3. 復縁に冷却期間が必要な理由

復縁を目指し冷却期間をおくカップル

 

「やっぱり冷却期間って取らなきゃダメ?」

結論、復縁に冷却期間は必要です!

復縁に冷却期間が必要な理由は、

  • 客観的に自分の気持ちを理解する力をつけるため
  • 気持ちの整理時間を確保するため
  • お互いの大切さを確認するため

復縁は、自分だけでなく、相手の心理や気持ちを掴むことで成功します。

 

4. そもそも復縁に冷却期間は必要?メリット・デメリットを解説!

疑問を感じる女性

「冷却期間って、メリットばかりじゃないよね」
そういった不安を抱える人は多いはず。

そこでここからは冷却期間のメリット、デメリットについて解説していきます。

 

4-1. メリット

復縁するための冷却期間を作るメリットは、以下の2つです。

  • 冷静になれる
  • 相手のネガティブなイメージをなくせる

一つずつ解説していきます。

 

4-1-1. 冷静になれる

恋愛を長続きさせるには、冷静に物事をみる視点がなくてはいけません。
感情的になってばかりでは、相手の存在の大きさや魅力などに気付けないから。

  • いつもデートの場所を調べてくれる
  • 待ち合わせにはいつも遅刻しない
  • イベント事は盛大にやってくれる

など、付き合っているときは当たり前だと思っていたことが実は相手の魅力だったと気付きます。
一度壊れた関係を修復するためには、冷静さは欠かせません。
特に感情的になってしまいやすいタイプの人は、冷却期間を作ってみるのがいいでしょう。

 

4-1-2. 相手のネガティブなイメージをなくせる

相手のネガティブなイメージをなくすことで、復縁することも可能です。
「時が解決してくれる」という言葉もあるように、ネガティブなイメージは時間とともに薄れていく傾向にあります。

ネガティブなイメージを持っている相手と復縁をすることは難しいですよね。
復縁したいと思うのは、相手に対してポジティブなイメージが持てた時です。
冷却期間をしっかり作ることで、気持ちがリセットされ、新しい感情で相手と向き合えます。

 

4-2. デメリット

復縁するための冷却期間を作るデメリットは、以下の2つです。

  • 離れている間に相手に好きな人ができてしまう
  • 気持ちが薄れてしまう

こちらも深堀していきましょう。

 

4-2-1. 離れている間に相手に好きな人ができてしまう

冷却期間は、復縁を成功させるために行うものの、かえって裏目に出てしまうことも事実です。
相手と連絡を絶ち、距離も置いているため、相手に好きな人ができてしまうという危険性もあります。

特に相手が多くの人と知り合う機会に恵まれている場合、離れている期間が長ければ長いほど好きな人ができる確率が高くなります。
冷却期間中は恋人関係を解消しているため、相手に好きな人ができても責めることはできません。

とはいえ、相手に好きな人ができても努力次第で復縁できる人もいます。
自分磨きをして魅力を高めたり、相手の恋愛相談に乗って信頼度を高めたりして、復縁に努めましょう。

 

4-2-2. 気持ちが薄れてしまう

冷却期間はあなたへの気持ちが薄れてしまうこともあります。恋人の悪い思い出や悪い部分を思い出してしまうからです。
デートスポットを見たら、「あの時1時間も遅刻したのに謝らなかったな」と思い出したり。

とはいえ、気持ちが薄れるというデメリットは相手だけに限りません。
あなたが相手を想う気持ちも冷めてしまう場合があるからです。
冷却期間中に自分の気持ちがはっきりした結果、新しい恋に踏み出せたという人も。

気持ちが薄れてしまうからとデメリットに意識を向けるのではなく、自分の気持ちも再確認できる絶好の機会ととらえましょう。

 

 

5. 冷却期間の過ごし方(OK行動・NG行動)

マルバツカードを持つ女性

 

今まで冷却期間を作ったことがないと、復縁するまでの間何をしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?
そこでここからは、冷却期間の過ごし方についてご紹介します。
冷却期間中に不安になった時はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

5-1. OK行動

復縁に向けた冷却期間中の過ごし方OK行動は、

  • 相手とはできるだけ連絡を取らない
  • 自分磨きをして魅力を高める
  • 別れの原因となった問題を解決する

一つずつ見ていきましょう。

 

5-1-1. 相手とはできるだけ連絡を取らない

冷却期間を取っている相手とはできるだけ連絡を取らないことも大切。
気持ちの整理がついていない状態で連絡しても、かえって逆効果だからです。

「今はまだそっとしておいて欲しかった」「悪い思い出が蘇ってくる」などの感情を持たれてしまいかえって疎遠になってしまいます。
前向きに復縁を考えてもらうためにも、相手とは連絡も会うことも控えましょう。

 

5-1-2. 自分磨きをして魅力を高める

冷却期間中は、自分磨きをして魅力を高めるのにおすすめな時期でもあります。
魅力が高まれば、付き合った当初の恋愛感情を思い出したり、また恋愛対象として見てくれたりするからです。
自分磨きとしておすすめなのは、内面と外見の両方を磨くこと。

内面を磨く場合は、

  • 恋愛上手な友達と付き合い、内面を研究する
  • 本を読む
  • 一人でさまざまな場所に出かける

外面を磨く場合は、

  • いつもと違うファッションに挑戦する
  • いつもと違うメイクに挑戦する

がおすすめです。

最初は頑張っていた自分磨きも付き合いが長くなるとサボりがちになっていませんでしたか?
冷却期間中は自分磨きができる最高の期間だと捉え直し、自分の魅力を高める努力をしましょう。

 

5-1-3. 別れの原因となった問題を解決する

別れの原因となった問題を解決することは復縁するきっかけにもなります。
問題を解決することで、「この人とはやり直すことができそうだ」というポジティブな印象を持たれるからです。

問題を改善する方法としては、今まで相手に指摘されたことを思い出し、振り返ること。
自分を客観的に見ることができるため、原因を改善しやすくなります。

もし、仲の良い友達であなたの欠点をあえて口にしてくれる人がいれば、その人からアドバイスをもらうのも手です。

 

5-2. NG行動

復縁に向けた冷却期間中の過ごし方NG 行動は、

  • 我慢できずにすぐ連絡する
  • 彼女(彼氏)のように振る舞わない
  • 不安になりすぎない

の3つです。

一つずつ解説していきます。

 

5-2-1. 我慢できずにすぐ連絡する

我慢できずに連絡するとかえって復縁の可能性を低くしてしまう恐れがあります。
未練が伝わって相手になおさら距離を置かれてしまうからです。

さらには復縁どころか、「都合のいい相手」と思われて体だけの関係になってしまうことも。
もう一度恋人同士に戻るためにも焦って連絡をしてしまうようなことは避けましょう。

 

5-2-2. 彼女のように振舞わない

冷却期間中は実質付き合っていない状態。
にもかかわらず、いつまでも彼女のように振る舞ってしまう人も。

ついつい「今日は何時に仕事終わるの?」や「週末の予定は?」など付き合っていた時のように彼女ヅラしてしまいます。

別れたのに自分の予定を管理されていると感じれば、復縁に対する気持ちもグンと下がってしまうでしょう。
復縁に向け冷却期間を作っているのに、彼女ヅラで接してしまっては努力が水の泡に。

復縁は一般的な恋愛とは違って、複雑なものです。
復縁の成功率を上げるためにも、彼女のように振る舞わないことです。

 

5-2-3. 不安になりすぎない

早く復縁したい気持ちを抑えて過ごす冷却期間は、ただでさえ不安になりやすいもの。
相手の気持ちが見えないからこそ、「今どうしているのかな?」などと不安になってしまうのも当然でしょう。
しかし、不安感を持ったまま冷却期間を過ごしてしまっては、復縁するチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

  • 魅力的な女性になるには?
  • 別れを次にどう活かすか?

など復縁にむけてポジティブな思考を持ちましょう。

冷却期間をポジティブに過ごすことで、見違えたあなたに魅力を感じてくれるはずです。

 

6. 復縁に向けた冷却期間中の相手の心理(男性・女性別)

復縁したくて元彼に冷却期間を置いている女性

 

「復縁には冷却期間が必要なんだ…でも冷却期間中って相手の気持ちがわからないと不安・・」
そうした悩みに答えるため、ここからは復縁に向けた冷却期間中の相手の心理について解説します。

 

6-1. 男性心理

まずは男性心理です。

 

6-1-1. 【別れた直後】開放的な気持ちになる

別れた直後の男性は、「自由になった!」という解放感にあふれています。
今まで恋人との関係が深かった人ほど、一人になったことへの開放感を強く感じているでしょう。

趣味に没頭することや男友達と遊びまくるなど、とにかく自分のやりたいことにまっすぐ向かっていく時期です。

 

6-1-2.【1か月】寂しい気持ちが押し寄せる

最初は開放感にあふれていた気持ちも1ヶ月も経てば、寂しさに変わっていきます。
別れた直後は満喫できた趣味や男友達との遊びにも次第に寂しさを感じ始めるでしょう。
あれほど願っていた「自由」に対して幸せを感じられなくなってきます。

 

6-1-3. 【3か月】別れたことを後悔してくる

新しい恋人や好きな人がいない場合、3か月経つと別れたことを後悔しはじめるでしょう。
「そもそも別れて正解だったのかな?」と冷静になってきます。
悪い思い出が薄れてきて、付き合ってきた期間が美化されている時期ともいえます。

しかし、自分から別れを切り出した手前、「やり直そう」とはいえず苦しい状況です。
気になる女性が現れても、元カノと別れた現実が頭によぎるため、新しい恋愛に進もうというメンタルにはなれないでしょう。

 

6-1-4.【6か月】復縁がよぎり、元カノが気になりだす

別れてから6か月も経つと復縁がよぎり、元カノが気になり出します。

しかし、相手にはもう新しい恋人がいると考えたり、「自分のことは忘れているだろうな」というネガティブな気持ちでいっぱいになったりしています。

時に自分からは行動できないため、元カノからの連絡を待っている時期でもあるでしょう。

 

6-2. 女性心理

彼氏と別れた女性の気持ち

 

次に女性心理です。

 

6-2-1. 【別れた直後~1か月】感情的になってしまっている

別れた直後〜1か月の間は、感情的になっています。
別れたことへの後悔や元カレへの悪い感情で情緒不安定な状況です。

楽しかったことや辛かったことなどを思い出し、元カレと別れた現実を受け止めようとしています。
最初はただ辛かった気持ちも1か月になる頃には整理がつき始めているため、復縁への望みが薄くなっていることも事実です。

 

6-2-2. 【2か月】後悔と別れてよかったと思う人と分かれる

別れて2か月経った頃の女性の心理は2つ。

  • もっと良い彼氏を見つけよう
  • やっぱりあの人が運命の人だ…

とポジティブな感情とネガティブな感情に分かれています。

ただ、まだ別れて2か月しか経っていないため、感情が固まっているわけではありません。
そのため、この時期に元カノへ復縁を迫っても難しいといえます。

連絡するとすれば「久しぶり?元気にしてた?」などのように重くならないような話題で連絡してみましょう。
決して復縁を迫らず、あくまで元カノの様子をうかがう程度にとどめておきます。

 

6-2-3. 【3か月】気持ちの整理ができる

別れて6か月になる頃の女性心理は、さまざまなことを前向きに考えられるようになっています。
酷い別れ方をしていなければ、元カレと付き合っていたことや別れたことも「辛かった恋愛もすべて大事な経験だった」と気持ちの整理ができてきます。

相手に対する悪いイメージも薄れてくるのもこの頃です。
女性は復縁したくなる時期ともいえるでしょう。

一方で酷い別れ方をした場合は、復縁の話をするのは少し早いでしょう。

 

6-2-4. 【6か月】恋がいい思い出になる

別れて6か月もすると、相手に対する悪いイメージや辛かった出来事などが全てリセットされ、いい思い出になります。
デートで出かけた場所や一緒に食べたものを見ると懐かしささえ感じてくるでしょう。
この時期には相手に対する悪いイメージはほとんどなくなっているため、復縁するのにいい時期といえます。

あなたに対する悪いイメージがリセットされているため、相手に復縁の意識があってもなくても復縁に向けて行動してOKです。

ただし、冷却期間が6か月頃になると新しい恋人や好きな人ができている可能性が高くなります。
元カノの恋愛話を聞きたくないのなら、6ヶ月になる前に復縁の話を持ちかけるのがおすすめです。

 

6-3. さらに詳しく心理を探りたいなら・・占いがおすすめ!

復縁のための冷却期間は何かと不安になるもの。
だいたいの男性心理や女性心理は分かっても、別れた時の状況や相手の性格などによって心理は細かく分かれてしまいます。
そんな時は思い切って占いで気になる相手の気持ちを占ってもらうのがおすすめ。

「オンライン占いLIVEフォーチュン」では気になる相手の気持ちを鑑定できます。

これから起こる未来について細かく鑑定できるため、復縁を切り出すのに最適な時期が分かることも。
復縁は複雑であるため、友達や周りに相談しにくいですが占いなら誰にも知られることなく相談できますよ。

オンラインで相談できるから、いつでもどこからでもスマートフォン1つで占えます。
今ならレビューを書いて初回鑑定料全額キャンペーン中。
ぜひ一度お試しください。

 

 

オンライン占いLIVEフォーチュン

 

 

7. 相手も復縁したいと思っている場合のサイン

指切りする男女

 

冷却期間中の相手の心理がだいたいわかりましたが、気になるのは「復縁を切り出すベストな時期はいつなのかな?」ということですよね。
そこで、ここからは復縁サインについてご紹介します。

 

7-1. 男女共通の復縁サイン

復縁サインには男女共通しているものがあります。

それは、

  • 2人で会おうとする
  • LINEで連絡が度々くる
  • 付き合っていたころの思い出を話してくる
  • 今抱えている悩みを相談してくる

です。

ひとつずつ見ていきましょう。


7-1-1. 人で会おうとする

男女共通の復縁サインとしてあげられるのは、2人で会おうとすること。
気のない相手と2人で会おうとはしないものです。

「ご飯行こうよ」や「今度〇〇に行くのに付き合って!」など何かと2人きりで出かけようとするのは好意がある証拠。
もし相手から2人で会うお誘いがくるようであれば、復縁サインであるといえるでしょう。

 

7-1-2. LINEで連絡が度々くる

LINEで連絡が度々くるのは、あなたに好意があるから。
好きな人や付き合っている人がいれば、わざわざ一度別れた相手に頻繁に連絡することはないはずです。

相手から頻繁に連絡が来るようであれば復縁サインと考えられるでしょう。


7-1-3. 付き合っていたころの思い出を話してくる

付き合っていたころの思い出を話してくるのは、復縁サインである可能性がかなり高いでしょう。
「あそこデートで行って楽しかったよね」や「付き合ってるときは幸せだったなぁ〜」など当時のことを幸せそうに話してきます。
遠回しであなたの気持ちを探っているともいえるでしょう。

当時の幸せな出来事をわざわざ会話に出してくるのは、復縁したいという気持ちのあらわれといえます。

 

7-1-4. 今抱えている悩みを相談してくる

今抱えている悩みを相談してくる場合も、復縁サインの一つ。
悩み相談をするということはあなたに弱みをみせて心を許している=好意がある状態だからです。

  • 仕事の相談
  • 家族の相談
  • プライベートな相談

など。

しかし、悩み相談をされてきたからといって、いい気になってはいけません。
誰にも相談しにくいことをわざわざあなたに相談しているのですから、真剣に相談に乗ってあげましょう。
しっかりと対応することで、復縁できる可能性も高まります。

 

7-2. 男性の復縁サイン

次に男性が見せる復縁サインについてご紹介します。

  • 恋愛事情を聞いてくる
  • SNSの絡みが多い

詳しく解説していきます。

 

7-2-1. 恋愛事情を聞いてくる

恋愛事情を聞いてくる場合も復縁サインの一つといえるでしょう。
復縁したいと思っている相手でなければ、恋人がいるかいないかは興味ないからです。

「最近気になる人とかいるの?」「別れてから彼氏できた?」などの質問をされていれば、高確率であなたとの復縁を望んでいます。

 

7-2-2. SNSの絡みが多い

SNSの絡みが多いことも復縁サインと考えられます。
SNSを通じてあなたにアピールしたいから。

「いいね!」やコメントを残して、あなたの反応を探っているという感じです。
SNSでのリアクションは、電話やメールで連絡をするよりも気軽に行動できます。
そのうえ、あなたの反応も知れる最高の手段というわけです。

 

7-3. 女性の復縁サイン

ここからは女性の復縁サインについてご紹介します。

  • プレゼントしたものを身に付けている
  • 今カレの不満を話してくる

それぞれ解説していきます。

 

7-3-1. プレゼントしたものを身に付けている

プレゼントしたものを身に付けているのは、女性からの復縁サインです。
復縁を望まない女性の多くは、元カレからもらったものを身に付けずに手放しているから。

とはいえ、「物には罪がない」と何の感情もなく、元カレからもらったものを身に付けている女性も。
復縁サインかどうかを見分けるポイントは2つ。

  • あなたと近い状況にいる状態で身に付けている
  • あなたと会うときに身に付けている

この場合であれば、復縁サインである可能性は高いといえるでしょう。

 

7-3-2. 今カレの不満を話してくる

今カレの不満を話してくるのは、復縁のサインだといえます。
遠まわしに「あなたの方がよかった」というアピールをしたいという狙いがあるからですね。

復縁をしたくても自分から振ってしまった場合、なかなか復縁したいと切り出すのは相当勇気がいるもの。
そんな元カノの気持ちを察したうえで、今カレの恋愛相談にのってあげれば復縁できる可能性もグッと上がるでしょう。

 

8. まとめ

夕日をバックに抱き合う男女

 

今回は、復縁に必要な冷却期間についてご紹介しました。
復縁に必要な冷却期間は、状況やどっちが振ったかによって変わってきます。

また、冷却期間中の女性は男性に比べて、期間が長くなればなるほど冷める傾向にあるということもわかりました。

冷却期間は、気持ちを落ち着かせる効果やお互いの気持ちを整理するため、お互いの大切さに気付くためにも大切な時間です。とはいえ、冷却期間中はなにかと不安になりがち。

複雑な恋愛であるために、周りの人に相談しにくいということもあります。
そんなときは1人で頑張らずにプロの手に頼ってみましょう。

多くの複雑な恋愛を解決してきた占い師なら、きっとあなたの不安や問題を解消してくれるはずです。